夏休み終盤 子供の生活リズムを確実に戻すカウントダウン


既に残りわずかとなった子供たちの夏休みですが、生活リズムを整えるためには早めの対策が必要です。

そもそも、夏休みのないあなたには既に過ぎ去った辛さにはなるのですが、子供たちにとって、奥様にとっては現在進行形のこれから先長い時間付き合っていかなくてはいけない大問題、死活問題です。

万が一、外で働いてきて家のことまで面倒見きれないなんて考え方をされていたとしたら、この先待ち構えているのは【家庭崩壊】への階段です。

これからも毎年訪れる夏休み期間の子供のなまけは、父親であるあなたがしっかりとサポートしていきましょう。

1. 夏休みのなまけは朝から正す


あなた自身は毎日同じ時間でルーティンしていますが、時間に余裕のある子供たちはどうしても楽しい時間に気を取られがちで、誘惑に満ちた夜の時間に生活リズムがズレてしまいがちです。

奥様も、普段では一人で淡々とこなせるはずの時間が子供たちに振り回されてしまい、非日常のストレスで疲れが表に現れてしまう時期にもなります。

あなたが自由に使うことができる日は【休日】だけかもしれません。

普段であれば毎朝子供たちと顔を合わせるパパだとすれば、これまで通りの時間に子供たちを起こし朝ごはんを食べさせ活動させるようにしましょう。

小学生にもなれば、洗濯物を回しておくくらいのお手伝いも難なくこなせるようになります。

宿題が終わっていないのであれば、帰宅後に確認することを伝えて自ら終わらせられるように導いてやりましょう

テレビやゲームを規制する親も多くいますが、私はわざわざ規制することはしません。

やるべきことさえ終わっていくのであれば、人参をぶら下げるのは1つの策です。

仕事をすれば報酬を得る権利があるのは当然です。

遊びと勉強を天秤にかければ、遊びに重さが傾くのは当然ですが、勉強に報酬が加わることで子供たちのやる気を奮い立たせる切っ掛けになるはずです。

帰宅時に子供の好きなアイスを買って帰る程度のものでもモチベーションは大きく変わります。

ちょっとした発想の転換で、あなたの育児への関わりはより質の高いものになるでしょう。

2. 日中の子供たちとの関わりを率先して持つ


仕事に出てしまっているあなたが、どのようにして子供たちとの関わりを持つことができるのでしょうか。

仕事に追われていて、イマイチ能率の上がらない毎日にほんの少し違うルーティンを組み込むことで気分転換にもなります。

その方法とは【ビデオチャット】です。

新規機種でのガラケーサービスが無くなってきている現在、ガラホ・スマホの使用者ばかりだという事実があります。

必然的に【LINE】や【カカオトーク】などの利用者も増えています。

この手の通信サービスのビデオチャット機能をうまく利用することで、子供たちとのコミュニケーションを増やすことができます。

パソコンであったとしても利用することができるので、文字だけや声だけのコミュニケーションではなく、顔と顔を合わせたコミュニケーションを図ることができます。

何を食べたか、宿題の進みはどうか、おみやげは何がいいかなど、ちょっとした会話がお互いの気分転換につながります

また、この連絡をする先は奥様です。

ちょっとした隙間時間に、夫婦同士であったとしても顔が見られて言葉をかわすことができるのは嬉しいものです。夫婦関係の向上にもつながるので一石二鳥です。

まとめ.あなたのルーティンに家族との時間を増やそう


毎日のルーティンの中に、家族との時間というのは案外少ないものです。

仕事中に家族との時間を持つことなんてできるわけ無いと思い込んではいませんか?

あなたのちょっとした気遣いで、家族との関わりはいくらでも増やすことができるのです。

大切な家族に関心がないパパなんていませんが、毎日に追われることで関わりを持つことが億劫になってしまうと家族としての形が歪になってしまうものです。

愛する家族を大切にしたいのであれば、ちょっとした連絡にも変化を持ってみるのも良いものですよ。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る