最近流行のパパ抱っこ!パパでも使える抱っこ紐


お出かけに欠かせないのが抱っこ紐です。ベビーカーもいいけれど、ぐずぐずしている時にはやっぱり抱っこ!狭い所や人混みなどベビーカーに不向きなところもたくさんあります。

そこで、抱っこ紐の登場です。ママが抱っこしている姿をよく見かけるけど、最近では海外セレブや芸能人もパパ抱っこも急増中です。パパとママ二人で使える抱っこ紐をご紹介します。

実はパパの方が抱っこに向いている!

ママが抱っこしている姿をよく見かけますが、実はパパの方が抱っこに向いています。

最近の抱っこ紐は進化して赤ちゃんの体重が分散して体への負担が少なくなっていますが、やっぱり赤ちゃんをずっと抱っこしているのはとても重く、重労働です。

夜中の赤ちゃんの授乳やお世話で疲れているママの体にはとても負担が大きいのです。そこで、力持ちのパパの出番です。疲れているママの代わりに抱っこしてあげましょう。

抱っこ紐の選び方

抱っこ紐を購入する時はママの意見で購入する方が多いと思いますが、パパも抱っこする意志があることをママに伝えるためにも、一緒に抱っこ紐を見にいきましょう。

各メーカーで抱っこ紐の形や機能が異なり、購入して使ってみたらイメージと違ったり、使用した感じが使いにくかったりすることがありますので、ネットでの購入を考えている方も、店舗で実際に試着することをおすすめします。

ポイント:多機能もいいけど実際に自分で使う機能重視で選びましょう。

多機能の抱っこ紐が多く出回っていますが、そんなに多くの機能は使いません

抱っこ紐におんぶの機能がついていても実際におんぶしてみるとおんぶしにくく使いにくいため、おんぶは別のおんぶ紐を購入したというママがほとんどです。

また、抱っこ派だからおんぶはしないという人も、横抱き機能がついているけど一度も使ったことがないなんて人もけっこういます。

基本的にベビーカーを使用しているのであまり抱っこはしないなんて人も、そんな人には持ち運びがかさばってしまうエルゴなどの抱っこ紐より、スリングのようなコンパクトに持ち運びが出来る抱っこ紐がおすすめです。

自分たちのライフスタイルに合わせた抱っこ紐を購入しましょう。

おすすめの抱っこ紐

エルゴ


≪画像元:アマゾン

やっぱり王道のエルゴ!海外メーカーなのでがっちり体形のパパでも使用可能です。色柄の種類も豊富なので、パパが抱っこしてもかっこいいです。

しかし、ママが小柄な場合にはフィット感がイマイチかもしれないので、必ず試着をしてから購入しましょう。

私も小柄なのですが、腰の周りや肩紐などのフィット感がイマイチでした。また、王道なので人とよくカブってしまいます。ママとよく相談してから購入しましょう。

CUSE BERRYのおんぶ抱っこ紐


≪画像元:dakkohimo-cuseberry.com

Carry me 抱っこ紐

抱っこ紐を脱がなくても赤ちゃんを出し入れできるので、抱っこ紐で眠ってしまった赤ちゃんも起こさず抱っこ紐から降ろして寝かせることが出来ます。

小柄なママからがっちり体形のパパまで使用することが出来るので、夫婦二人で使うのにおすすめです。色もシンプルなものが多くどちらが使っても大丈夫。

そして、抱っこ紐の中ではダントツおんぶがしやすいです。

CUSE BERRY 抱っこ紐

他のメーカーの抱っこ紐ではおんぶがしにくいのですが、おんぶしやすい形でCUSE BERRYのおんぶ抱っこ紐はおんぶもしやすいのが特徴です。おんぶすることが多い人にはおすすめです。


≪画像元:betta

コンパクトに折りたためて軽いので持ち運びが出来て、あまり抱っこしない人や2本目の抱っこ紐に最適です。

2歳くらいになってあまり抱っこしなくなったときでも、一応バックに忍ばせておいて泣いたり眠たくなった時に出したりと、とても便利です。

生地がしっかりして、肌触りがとてもよく赤ちゃんの肌に直接触れても安心です。赤ちゃんのよだれなどで汚れた時でも洗えるのが嬉しいですね。肩紐が調節できるので、二人で使えます。

まとめ

赤ちゃんとは言え、3kg以上をずっと抱っこしているのはママにはとても辛いです。

パパが抱っこを代わってくれるのはとても嬉しいので、抱っこ紐選びからパパも参加して一緒に抱っこしてあげて下さいね。

経済的に余裕があるのなら、パパ用の抱っこ紐を購入するのもアリなのではないかと思います。購入する際には必ず試着して、フィット感や使いやすさを確認しましょう。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る