今がチャンス‼︎ 冬に向けたレジャー準備 パパは買い物上手なれ


子供の成長は本当に早いです。

我が子の成長を最も感じるのが【衣類のサイズ】です。ほんの数週間前に買ってきた衣服でさえ、気付いた時には小さくなってしまうのが成長期の子供たちです。

さて、パパであるあなたは子供たちの用品にも気を配れなければなりません。

普段着などにまで目を向けられれば最高ですが、そこまで完璧に立ち回れるパパはそう多くありません。

そこで、家族で楽しむレジャー用品に関しては率先して準備ができるパパでありたいものです。

この秋という季節に準備しておきたいレジャー用品といえば【雪遊び用品】が挙げられます。あなたならどこで準備しようと考えますか?

1.できるパパなら店を選ぼう


私は関東地方に住んでいますので、雪遊び用品を買い換える際にはあるスポットへと出かけます。

多くの方が最新アイテムを探しに【WINTER SPORTS FESTA 東京】へと足を運んだりしますが、私は滅多にそこへは出向きません。

なぜなら、子連れで東京ビッグサイト内を歩きまわるのがかなり大変だからです。

見たいアイテムをゆっくり見ていられないという理由もありますが、何より開催時期が【インフルエンザ流行時期】だからです。

人混みの中を免疫力の弱い子供たちを釣れて歩きまわるのは、その後遊びに出かけるのを諦めているように私は感じています。

では、どこでどのように買い物をしているのかお伝えしましょう。

私が雪遊び用品を買い揃えるのは、決まって【東京 神田】の用具店です。この時、決して子供を連れて行くことはしません。

連れて行かなければサイズがわからないじゃないか。

そうです。分からないんです。

でも心配ありません。

子ども用品でネックとなるのは【費用対効果】です。その費用をできる限り抑えるために私が選ぶのが【東京 神田】というスポットなのですから。

買い物に行く際に、普段着のサイズだけは見ておきましょう。

上下10サイズ程度であればカバーできるのがスポーツ用品の面白いところです。

何もジャストサイズでなければいけないわけではありません。

あなたが秘密で揃えてプレゼントするなんてサプライズは、楽しい1つのイベントにはなりませんか?

最新道具を選ぼうと思えば、冬直前になればどのスポーツ用品店でも取り扱いが始まります。

しかし、東京 神田では1〜2シーズン前のアイテムが半値以下で手に入れることができるのです。

もちろん大人用品だって揃えられます。

賢く買い物することができれば、いざ現地で楽しもうとした時の財布の中身に不安がなくなってくれるのでオススメです。

また、インターネットで用品を探すのもオススメです。ただし、到着日数には気をつけたいところです。

欲しいアイテムを探しやすいのはインターネットが一番ですし、価格比較をしやすいのもメリットですね。

2.冬だからこそしたい食遊び

何も雪遊びばかりが冬の遊びではありませんし、スポーツしか遊びがないわけではありません。

冬は美味しい季節です。美味しいものを美味しい状態で食べられないのは勿体無いと思いませんか?

では何を食べることを楽しめというのでしょう。

一番は【魚】です。

アレルギーがあるなどで食べられない場合もありますが、ただの食べず嫌いであるならば一番食べてもらいたい季節です。

次に【野菜】です。

寒風にさらされた野菜の甘味は、お菓子などとは比べようもない旨味があります。

しかし、これで子供たちが楽しめるのか?

ただの食事に楽しい要素があるわけではありません。【美味しくて温かい食卓を囲めることを楽しめ】なんてことではないのです。

楽しくてどんどん食が進んでしまうような食べ方を楽しみたいということなのです。

遊び感覚で食事ができるオススメな料理が【フォンデュ】です。

チーズフォンデュやチョコフォンデュが有名ですが、これって難しい料理ではないのです。鍋につけたいものを溶かしておいてつけて食べるだけです。

家の中でも楽しめますが、一番は外でするのが良いですね。秋はまだ蚊が多いので寄ってきてしまいますが、寒い中やたらと温かい食べ物を外で食べるのは大人でも楽しく感じますよね?

バーベキューついでにオシャレな遊びはいかがでしょう。

まとめ.冬が待ち遠しい 家族だけでなく大勢でも楽しめる冬を

あなたの家族が楽しい時間を存分に楽しむことができる環境。これってとても素敵なことだと思いませんか?

家族の素敵な笑顔に包まれているその時間は、かけがえのない宝物だと私は思っています。

最初から大きな希望を抱いてはいませんが、もし今後そのような素敵で楽しい時間を持つ機会があるのであれば、幸せは大勢で分かち合うことをオススメ致します。

もちろん家族だけの水入らずな時間も楽しいです。

しかし、そこに他人が入るということを受け入れることができるようになると、また新しい幸せを感じることができるはずです。

子供たちのお友達を招いてみたり、ご近所付き合いの一環として何かを催すことができるようになると、あなたの人間としての幅も大きく成長することができるのではないでしょうか。

最近ではご近所付き合いをしない傾向が強い世の中になってしまっていますが、新たなチャレンジをしてみてはいかがですか。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る