【お隣さんのお財布事情】おこづかい制? それとも生活費分担制? 全てをパパが管理?


聞きたくてもなかなか聞けないお財布事情! 結婚してお金の管理はいったいどうしていますか?

結婚して給料を全て奥さんに任せているパパや給料は奥さんには秘密にしていたり、家計の形態は様々です。

よその家庭はいったいどうしている? 自分たちに合うお金の管理方法は? 気になるお財布事情をご紹介します。

お財布事情

(1) おこづかい制


サラリーマン家庭のほとんどがこのおこづかい制を導入しているようです。最も多い形態ですが、パパの不満も最も多いようです。

共働きか? 専業主婦家庭か? 子供がいるか? いないか? 子供の数や所得などにより、おこづかいの金額は実に様々です。

専業主婦家庭よりも、共働き家庭の方がパパのおこづかいが多く、子供がいる家庭よりも子供がいない家庭の方がパパのおこづかいが多いようです。

家計の管理が苦手だったりやお金をつい使い過ぎてしまう人などはおこづかい制にしましょう。

ギャンブルにハマってしまう人もおこづかい制なら使い過ぎてしまうことがありません。

奥さんがやり手ならこのおこづかい制でいつの間にか貯金が増え、マイホームを購入したりマイカーを購入したり、老後の貯えも二人で協力して貯蓄することが出来ます。

(2) パパが家計を管理

自営業や医師など高所得の家庭に多くみられます。

給料を全て渡してしまうと、ママが好きなものを買ってしまったり家計が厳しくなってしまうなど、ママがお金の管理が苦手な家庭もパパが家計を管理した方がいいでしょう。

食費や子供に必要なお金などをママへ渡し生活費全般をパパが管理。

このタイプは自由にお金を使うことが出来ますが、光熱費や住宅費など家計全てを把握し管理しなければならないため大変です。数字に強いパパにはおすすめです。

ママの浪費が気になっていいるパパは一度ママと話し合いパパが家計を管理してみてはいかがですか?生活の無駄を省くことができますよ。

(3) 生活費分担制


共働きの家庭に見られます。お互いの給料の中から月にいくらか決めた額を出し合い生活費にするタイプ。

決められた生活費以外は払わなくていいので、お互いに自由にお金を使うことが出来ますが、突然の入院や急な出費が必要になった時の貯えなど夫婦でしっかりと話し合っておくことが必要です。

結婚当初はこの生活費分担制だったが、子供が産まれ奥さんが働くことが出来なくなっておこづかい制へ変化する家庭も多いです。

まとめ

結婚してまず始めに問題になるのがお金の問題です。経済観念が全く違っていたりすることもあるでしょう。

しかし、お互いの性格や今後のお金の使い方などをよく話し合い、これからの二人のために、そして子供達のためにも自分たちにあう家計のあり方を考えてみましょう。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る