子供たちのインフルエンザに気をつけよう(1) パパは病気をもらいがちだという事実を理解しておく


子育てをしていると、どうしても避けることができないのが【子供たちからの伝染病】です。

特に秋先から流行しだすインフルエンザは、一度疾患してしまうと最低7日間の出席・出社が禁止になってしまう厄介な代物

学生時代であれば授業を休めると喜んでいた方もいるかもしれませんが、社会に出れば休みはあなたのお給料に直結してくる大問題になります。

あなたは家族の土台です。しっかりとした土台でいられるためには、パパは病気をもらいがちだという事実を理解しておく必要があるでしょう。

1. なぜパパは病気をもらいがちなの?


パパというのは、基本的に食生活が乱れがちな生き物です。それだけでなく、生活リズムも乱れがち。

自分では正しいリズムで動いているつもりでも、案外無理しているのに気付かないように振舞っていたりしませんか?

積み重なった無理は、確実にあなたの身体を蝕んでいきます。そして、なぜかそんなタイミングに家族の病気というのは重なるもの。

同僚にも同じことがいえます。

あなたが疲れている時期にはなぜか誰かしらが不調を訴えるなんてことはよくある話です。

独身時代は意外とそんなものに影響されることなく毎日を過ごせてしまうものなのですが、そこには【子供】という大きな違いがあるからです。

大人同士の病気の行き交いは、正直そこまで酷く悪化しません。しかし、子供を経過した病気はなぜか妙に悪化するものです。

病気をしているからといって、子供との接触をなくすことはなかなかできません。

更に、一番に子供からの病気をもらってしまう可能性が高いのは【奥様】です

【子供 → 奥様 → あなた】という方程式が容易に成り立ってしまうのがパパというものです。

生活の中に子供という存在がある以上、あなたの周りには常に病気の原因があることを理解しておきましょう。

2.なぜ子供からの病気は移りやすい?


これは至極簡単な理由です。

まず、手洗いうがいが足りない。

石鹸を使って手洗いをしていても、手の平ばかり洗って終わってしまうというのは子育てをしていると感じます。

手洗いは【指】こそしっかり洗いたい部分です。お菓子を食べるのに手の平では食べませんからね。

そしてうがい。

口に含む水の量が多すぎて、喉の奥の菌を排出できていないというのが病気が悪化していく元になります。

そして、普段付き合っているのが子供同士なので、どんな病気をもらってきているかも把握しきれないので対応が遅れてしまう

これらが子供が病気を患ってしまうスタートなのですが、ここからがあなたに移ってしまう理由です。

子供というのは【口元を抑えない】ことの方が多いです。

咳をする時、くしゃみをする時に、多くの場合開放的に飛散させてくれます。それが空気中に漂っているのですから、家に帰ればもらってしまうのも頷けます。

ただでさえ外から帰ってきているので、この時期は乾燥に喉がやられてしまっています。帰宅したら手洗いうがいを忘れずに

まとめ.パパは病気を予防すべし


子供たちにどれだけ注意深く病気予防をさせたとしても、自分の身体ではないので不調の出始めにはなかなか気付けないもの。

たとえ周りがどんなに酷い病気にかかってしまったとしても、あなた自身がもらわないようにすることが肝心です

もし今あなたに手洗いうがいの習慣がないのであれば、ぜひ今日からでもこまめな手洗いうがいを習慣付けてみませんか?


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る