自分じゃ絶対選ばない本も読める!絵本定期購読のススメ


子どもには、たくさんの良い絵本と出会ってほしいですよね。

でも、「知育にはどんな絵本が適しているだろう」「オススメの本を教えてもらえると助かるな」そんなふうに感じることもあるのでは?

絵本の定期購読は、そんなパパママのニーズに応えるサービスです。絵本の読み聞かせに興味のあるパパは、ぜひチェックしてみてください。

絵本の定期購読とは?


毎月1〜3冊の絵本を、自宅など決まった場所に届けてくれるサービスです。あらかじめ子どもの年齢や学年を登録しておき、その年代にぴったりの絵本をチョイスしてもらえます。

配本リストはあらかじめ公式サイトなどで確認できる場合もありますし、届いてからのお楽しみとしているサービスも。

いずれにせよ、すでに持っている本とかぶってしまった場合は交換に対応してもらえるところがほとんどですから、「同じ本が2冊になってしまった!」なんてことにはなりません。

なぜ定期購読がいいの?


「絵本なんて本屋で買うなり、図書館で借りるなりすればいいのでは?わざわざ定期購読する意味はある?」

そう思われるかもしれませんね。もちろん、それだってOK。けれど定期購読の大きな魅力は「親の好みに左右されず、経験豊富なスタッフに選んでもらえる」という点にあります。

親が選ぶ絵本は、どうやっても偏りが出てしまいます

色使いがカラフルだったり、絵がかわいらしかったり、自分も読んだことのあるお話だったり……要は、知らず知らずのうちに親の好みで選んでしまうんですね。

それがいけないわけではありません。が、優れた絵本が必ずしもきれいなイラストや色を使っているとは限りませんし、なるべく色々な種類の絵本に触れさせることは、子どものためにも好ましいです。

定期購読を利用することにより、親の好みに左右されずに、さまざまな絵本を手に取る機会に恵まれます。

費用はどれくらい?

コース内容やその月の配本にもよりますが、ひと月あたりの冊数は平均2冊、2000~2500円くらいになるところが多いようです

サービスによっては送料が無料になったり、定価の割引価格で購入できるなどの特典もありますよ。

また、サービスごとにそれぞれ特色も。年間1000万人が利用するサイト「絵本ナビ」では「パパ向けコース」が設けられています。


≪参考:絵本ナビ

一般的に、子どもに絵本を読み聞かせるのは、一緒に過ごす時間が長いママの担当になることが多いでしょう。でも、読み聞かせがしたい!と感じるパパだっているでしょうし、パパだからこそおもしろみを増す内容もあるんです。

そういった本を集めたのが、絵本ナビの「パパ向けコース」。

たとえばちょっぴり怖い話なんかは、パパの低い声で聞くとより緊張感がアップするはずです。と同時に、大きなパパの膝の上なら安心感も得られます。

聞き慣れたママとはまた違うパパの読み聞かせなら、よりじっくりと耳を傾けてくれるかもしれませんね。

おわりに

子どもに色々な絵本と出会ってほしいなら、定期購読を利用してみるのも一つの方法です。本屋で買う・図書館で借りるのと違い、親が自分では絶対に選ばないような絵本を手に取る機会にも恵まれますよ。

子どもを膝の上に乗せて絵本を読む時間は、濃密で特別なひと時。ぜひパパも味わってみてくださいね。


この記事の著者

七尾 なお

七尾 なお

仙台在住のママライター。夫、息子、娘の4人家族です。家事も育児も手を抜き息を抜き、ゆるーく毎日やっています。世の中のパパとママがもっと仲良くなれますように!という想いをこめて、記事をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る