子供たちのインフルエンザに気をつけよう(2)  パパにできる子供たちのインフルエンザ予防


たまの休日だからこそ、家族で出掛けて楽しい時間を楽しみたい。 そんなパパは少なくないはずです。

しかし、出掛けることによって病気になる機会も増えてしまうということを知っておかなければなりません。

完全に病気から子供たちを遠ざけるということは無理ですが、事前にあなたが気をつけてあげることは可能です。少しだけ気を配ってみませんか。

1. 出掛ける前にしておきたいこと


ちょっと近くの公園まで遊びに行こうかな。そんな散歩にも近いお出掛けであれば、正直事前対策といえるほどの準備はありません。

しかし、日帰りで遠出をしたり泊まりがけでゆっくり遊びに行こうというのであれば、事前対策をしておくことができます。

どんな事前対策があるか挙げていってみましょう。

早めに予定を立てる

思い立ったが吉日と、当日いきなり飛び出していくのはやめておきましょう。

多少咳き込んでいても、現地につけば元気に遊ぶだろうという自分勝手な考えを持って行動してしまうと、後々痛い目にあうことはよくあることです。

早寝させる

何をするにも体力は大切。しっかり寝かせておくと免疫力は高まります。

いつでも余分に一枚上着を用意しておく

暑くなるのか寒くなるのかという事前情報よりも、基本準備として上着を一枚余計に準備しておくことでパパとしてワンランクアップ。

2. 出先で注意したいこと


単純なことですが、この時期のお出掛けは人混みを避けて動きたいです。特に、外国人が多い地域は目的地から排除しておくべきでしょう。

人との接触は飛沫感染の可能性がどんどん上がってしまいます。

だからといって行き先に制限されては楽しさも半減です。

そこで必要になるのがマスクです。

最近ではオシャレ感覚でマスクを使用する方もいます。

子供たちはあまりマスクを好まないかもしれませんが、キャラクターマスクなども売っていますので興味を持たせてみましょう。

何よりも出先で注意したいことは【帰宅するまでがお出掛け】ということを忘れないことです。

次の日が休みであればゆっくりさせてあげたいですし、即学校であれば早めの帰宅をして休ませてあげられるようにしましょう。

まとめ. 子供たちとのお出掛けは準備から気をつけよう


何をどれだけ準備したとしても病気になる時は逃れることができません。

特にこの秋から冬にかけては、インフルエンザも大流行してしまいますし出来ればおとなしくしている方が良いのかもしれません。

しかし、遊びには行きたいと考えるのはおかしくありません。

奥様に頼りきってしまい、準備もしないで家族を振り回すのは後々奥様からひんしゅくを買ってしまいます。必ずあなた自身でも準備する習慣を付けましょう。

奥様と2人で準備したからといって悪いことではありません。むしろ、子供たちのことを考えてくれる家庭をちゃんと考えていると奥様にもアピールできます。

子供たちの病気を予防するためにも、体力には気をつけてあげましょう。


この記事の著者

NONO

NONO

シングルファザーにして二児の父。毎日を父役母役の両方に追われています。父親の苦労と母親の苦労の両方に触れることで、仕事から帰ると家族が冷たい 旦那に女が出来たんじゃないかなどと、多くの悩み相談も受けています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る