子供の抜けた乳歯みんなはどうしてる? 今どきの乳歯の保存方法と保存する時の注意点


早い子では幼稚園の頃から乳歯の生え変わりが始まります。

誰でも経験することで、「歯がグラグラする!」とのお子さんの言葉に自分もそんな時期があったと懐かしく感じるパパもいるのではないかと思います。

「パパは抜けた歯を丈夫な歯が生えてきますようにと、屋根に投げたよ」なんて昔のことです。今では、お子さんの歯を思い出の品として保存しておくのが主流になっています。

知っておきたい乳歯の保存方法とその注意点をご紹介します。

保存容器の準備

私の経験上乳歯の保存容器は乳歯の一本目がグラグラし始めたら、準備しておくと良いと思います。

何本か抜けた後に準備をするのでは、抜けた小さな乳歯を無くしてしまったりしてしまいます。

我が家の長男君の歯も何本か抜けた後に保存容器を探していたら、下の子たちがお兄ちゃんの抜けた乳歯を見ているうちに何本か紛失してしまいました。こうなる前に、早めの準備をおすすめします。

保存容器選びについて

最近の保存容器は、メモリアルグッツとして多種多様に販売されていて自分に合うものを選んで購入するようにしましょう。

どこの歯が抜けたのかがわかる様になっていて、乳歯が抜けた日付を記入できるものから、シンプルに保存するためだけのものなどいろいろあります。

プラスチックなど値段が安価なものもありますが、長い間に劣化してしまったり、湿気で歯にダメージが現れてしまう可能性があります。


≪画像元:名入れギフトのおもしろ名札工房

この商品は桐材でできていて湿度の調節にも優れており、アクリル板と脱脂綿が付属しているので、抜けた乳歯を入れても中でカタカタしたりしません。

お子さんも、パズルのピースをひとつずつ集めていく感覚で乳歯が抜けて保存容器に入れるのが楽しくなる商品です。

我が家では中板のアクリル板がない違う保存容器に保存していましたが、意外と乳歯が小さくてカタカタしてしまい蓋を開ける時に他の歯と一緒になってしまうなんて事もありました。なので、アクリル板がある方がおすすめです。


≪画像元:家具の里

この商品は母子手帳や臍の緒も一緒に保存できるので、子供の思い出がバラバラにならずに、一気に保存することが出来ます。

多少お値段は張りますが、出産後に購入しておくとよいかもしれません。それに、乳歯・臍の緒を入れる容器と別々に購入するよりはお値段的には安いかもしれません。

保存する時の注意点

抜けた乳歯をそのまま保存するのはやめておきましょう。歯石や歯垢が溜まっていたり、抜けたばかりの時は血液も付着しています。

保存状態があまりよくない私のおすすめは、歯磨き粉をつけて抜けた乳歯を磨き、少なくとも1日は乾燥させてから保存容器に入れるようにしましょう。

歯を磨くときには、とても小さく間違って排水口に流れてしまいますので、排水口に栓をしておいたり洗面台ではないところで磨くなど工夫しましょう。

磨いた歯はキッチンペーパーなどの上で2~3日乾燥させてから保存すると嫌なにおいなどなくきれいに保存することができますよ。

まとめ

お子さんの思い出をよりきれいに残してあげられたら素敵ですね。

事前に乳歯の抜ける時期はそれぞれ違うので、グラグラし始めたらそろそろ準備を始めましょう。

しかし、幼稚園で歯が抜けてしまって帰ってきたら乳歯がない!なんてこともあるのでそれはそれでよい思い出としてとっておきましょう。


この記事の著者

くらい けいこ

くらい けいこ

男の子2人と女の子1人の3人のママです。男の子達のとる、不思議な行動やスゴイ食欲に驚かされたり、女の子のおませな一面にクスっとさせられたりと、子育てを楽しみながら執筆活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る